豆鼓エキスを摂取するタイミングが肝

糖尿病の予防改善に役立つ豆鼓エキス

糖尿病の予防改善に役立つと期待できる豆鼓エキスは食事で入ってくる糖の分解を阻害することにより効果を発揮するため、摂取のタイミングは食事の直前が望ましいと思われます。

 

豆鼓エキス摂取の注意点としては、ご飯などの炭水化物や砂糖などは消化酵素による分解が必要になるので吸収を阻害することが出来ますが、ジュースや果物に含まれる果糖は酵素による分解を経なくても体に吸収されてしまいます。

 

よって、それらの摂取量が多いと豆鼓エキスの効果を得ることは出来ません。
豆鼓エキスを摂取していてもいなくても、果物やジュースの果糖は糖尿病の大敵なので、摂取することはおすすめ出来ません。

 

豆鼓エキスとは

 

豆鼓エキスとは、黒大豆を蒸してから塩と麹、酵母などで発酵させた後に乾燥させた食品で、一般的には回鍋肉などの炒め物に風味付けとして用いられています。
主に中華料理の調味料として用いられています。

 

豆鼓は漢方薬としても用いられていて、主に風邪の時の解熱、血尿などに用いられています。現在でも淡豆鼓(タントウシ)という生薬名で風邪薬の銀翹散(ギンギョウサン)などの漢方薬として使われています。

 

豆鼓エキスが糖尿病の予防改善に効果を発揮

 

通常、食事によって取り込まれた糖は胃腸内にて消化酵素により分解されて初めて小腸より吸収されるのですが、豆鼓エキスを摂取すると糖を分解する消化酵素の働きを阻害し、糖が吸収されるスピードを遅くさせることが出来ます。

 

この働きにより血中の血糖値上昇が緩やかになり、インスリンの分泌が緩やかでよくなるので膵臓への負担減少へと繋がり、糖尿病へ効果を発揮するのです。

 

豆鼓エキスで健康家族

現在発売されている糖尿病に効果のあるサプリメントの中で、一番発売数を伸ばしているのが豆鼓エキスです。

 

豆鼓エキスは漢方薬の薬効などを加味して考えると、

  • ストレスを軽減する作用
  • 炎症を緩和する作用
  • 糖の分解を阻害する作用

などもありますので、総合的に膵臓の働きを向上させて血糖値抑制に効果があると考えられます。

 

とは言ってもその働きは病院の薬に比べると弱いものとなりますので、糖尿病が進んでしまっているような場合には迷わずに病院の治療を受けることをおすすめします。