桑の葉を摂取するタイミングが肝

桑の葉の接種は食事中がおすすめ

糖尿病の予防改善に役立つと言われている桑の葉を摂取するベストなタイミングは食直前又は食事中です。

 

桑の葉は血糖値に対して効果的に用いるには摂取するタイミングが重要で、血糖値は食事によって上がるものであり、その食事による糖の吸収を抑制することが一番重要になります。

 

食直前又は食事中に摂取することにより、食事によって入ってきた糖質の吸収を抑制、緩和することが出来るので血糖値上昇を抑えることが可能になるのです。

 

糖が小腸から吸収される際には必ず酵素と結びついた形でないとならないのですが、桑の葉を摂取するとこの酵素と糖が結びつくのを妨害することによって吸収を阻害するのです。
吸収されなかった糖はそのまま大腸に行き便として排出されます。

 

このような作用により血糖値の上昇を抑え糖尿病改善に効果を発揮するのです。

 

桑の葉とは

 

桑の葉は昔から漢方薬として用いられてきたという歴史があります。
漢方薬では桑葉と呼ばれ、肝の熱を取ったり、風邪による発熱を改善したりなどに用いて効果を発揮してきました。

 

また血糖値や血圧を下げるという効果についても文献で確認されており、昔から慢性病の改善薬として用いられてきたという歴史がある生薬です。

 

桑の葉が糖尿病の予防改善に効果を発揮

 

糖が小腸から吸収される際には必ず酵素と結びついた形でないとならないのですが、
桑の葉を摂取するとこの酵素と糖が結びつくのを妨害することによって吸収を阻害するのです。

 

吸収されなかった糖はそのまま大腸に行き便として排出されます。
このような作用により血糖値の上昇を抑え糖尿病改善に効果を発揮するのです。

 

桑の葉の効能とは

 

桑の葉には実にたくさんの働きがあります。

  • 胃腸内を掃除して代謝を高める
  • 胃腸内にて糖の吸収を抑制する
  • 脂質などの吸収も抑制して絡め取る

 

その結果、

 

メタボを改善した人

  • 便秘改善
  • 脂質異常改善効果
  • メタボ予防
  • 高血圧の改善

というたくさんの効果をもたらしてくれるのです。