ゴーヤを摂取するタイミングが肝

糖尿病の予防改善に役立つゴーヤ

糖尿病の予防改善に役立つと言われているゴーヤを摂取するタイミングとしては、糖が入ってくる前に体に取り入れて置くということが求められます。

 

糖が入ってくる前に体内に取り込んでおくことで、血糖値上昇した時に速やかに対応できるからです。

 

仮に食後に摂取した場合には、血糖値がすでに上昇してしまっているので、血糖値上昇による体に対する負担を回避することが出来なくなるのであまり意味を成しません。
おすすめは、食事の一番最初にゴーヤの生のものをおひたしなどで頂くという方法です。

 

ゴーヤとは

 

ゴーヤとはニガウリ、ツルレイシとも呼ばれ親しまれています。
原産地は熱帯地方で日本では主に沖縄などで栽培が盛んになっていますが、温暖化の影響で最近では本州などでも栽培されるようになっています。

 

以前は沖縄以外あまり馴染みが薄かったゴーヤですが、NHKドラマちゅらさんによって沖縄文化が全国に浸透するようになったのをきっかけに日本全国でゴーヤが食べられるようになりました。

 

ゴーヤが糖尿病の予防改善に効果を発揮

 

ゴーヤに含まれる「コロソリン」という成分が血糖値抑制に関与しているとされています。

 

コロソリンが体内に取り込まれると、インスリンのような働きをして血中の糖を細胞に取り込む役目をすることや、膵臓よりインスリンの分泌力を高める、糖輸送体を活性化させるなどという医学的なデータがあります。

 

ゴーヤ

これら実験は人体によっても行われており、実際に摂取することにより血糖値が低下するという報告も多数寄せられているようです。

 

ゴーヤを毎日食べるというのは辛いという方は、ゴーヤから生成されたサプリメントなどがありますので、それを利用してみるのも方法の一つだと思います。

 

あの苦味が嫌だ・・という方には、りんごやバナナなどに水を加えてミキサージュースで頂くという方法をおすすめします。