ギムネマを摂取するタイミングが肝

糖尿病の予防改善に役立つギムネマ

糖尿病の予防改善でギムネマを摂取する場合は、食事の30分ほど前がちょうどよいタイミングだと考えられます。

 

ギムネマは摂取することにより、舌にある甘みを感じる箇所を麻痺させて食欲を抑制させ、腸管内にて糖の吸収を抑制する効果が期待できます。

 

このタイミングに摂取すると食欲の抑制、腸管からの糖の吸収阻害どちらにも効果を発揮することが出来ます。

 

ギムネマとは

 

ギムネマとはあまり聞きなれない言葉だと思いますが、今大注目を浴びている植物で古くから中医学やインドのアーユルヴェーダという医学にて糖尿病の治療薬として用いられてきました。

 

ギムネマを食べると舌にある甘みを感じる感覚だけを麻痺させるという働きがあり、ギムネマを摂取することにより甘いものへの欲求を断ち切ることも出来るようになります。

 

ギムネマが糖尿病の予防改善に効果を発揮

ギムネマは体内に取り込まれると小腸より糖が取り込まれるのを阻害する働きがあります。

厳密にいうと阻害というよりも抑制するといった方がよく、取り込みが抑制されて血中への糖の移行が緩やかになるという働きがあります。

 

インスリンを分泌させる膵臓は急激に多くの量を分泌すると、負担が増えて疲弊してしまいます。そこで、ギムネマを摂取することにより糖の血中への移行が緩やかになると、膵臓への負担が減るので血糖を下げるインスリン分泌が徐々に改善されるのです。

 

ギムネマで腸内環境を整える

さらに血液中の脂質の割合を低下させ、便通を良好にさせるという働きも持ちます。

 

これらの働きによりインスリン抵抗性を低下させたり、腸内環境を良好に保って血液中の毒性物質の減少効果などに効果を発揮し、血糖値を下げたり糖尿病による合併症を予防したりする効果が高まります。

 

糖尿病は一度なると中々治らないことで有名ですが、早期のうちに改善しておくと治る病であるともいわれています。

 

早期だと医療機関では食事や運動療法などで様子を見る場合が多いのですが、その時に併せてギムネマなどで体質改善を行うと血糖値が正常になるスピードが速くなり、且つその後も予防として摂取することによって健康を維持することも出来ます。

 

血糖値が上がり始めた時にぜひ試して頂きたいものの一つです。