白いんげんを摂取するタイミングが肝

糖尿病の予防改善に役立つ白いんげん

糖尿病の予防改善に役立つとされている白いんげんは、炭水化物の分解を阻止するために、食直前のタイミングが肝になります。

 

食後に摂取してもすでに消化酵素によって分解されてしまっているので意味を持ちません。

 

 

ただし白いんげん抽出物は糖質を分解する酵素の働きを抑制してしまうので、口から摂取した炭水化物が完全に分解されないで大腸まで到達してしまうことにより、その刺激で下痢や腹痛などを起こしやすいという点に注意しなければいけません。

 

不快症状を感じる場合には量を減らすか摂取をやめて様子をみるなどが必要になります。

 

さらに炭水化物などの分解は阻害する作用がありますが、果物やジュースなどに含まれる果糖には全く効果を発揮しませんので、それらを摂取する際には予め血糖値上昇を抑制出来ないということを念頭に置くようにします。

 

白いんげんとは

 

インゲン豆の一種で、白い色をしているのが特徴です。白いんげんは安価で低脂肪、高たんぱくなので、昔から全国各地で食べられてきたという歴史があります。
また日本だけではなく、世界各国で主食、主要なタンパク源として利用されています。

 

インゲン豆には血糖値を抑制するポリフェノールが含有されており、今糖尿病改善の救世主として注目を浴びています。

 

白いんげんと聞くと何となくよく分からないもの・・・と感じる方が多いかと思われますが、以前「ぴーかんバディ」という番組でもダイエットに効果があるとされ紹介されていたこともある、知る人ぞ知るそれなりに知名度の高い野菜なんです。

 

白いんげんが糖尿病の予防改善に効果を発揮

 

白いんげんを解説する人

白いんげんにはファビノールという成分が含まれていて、健康食品などではこのファビノールを抽出して生成されているものがほとんどを占めています。

 

ファビノールには膵臓から分泌される糖を分解させる消化酵素の働きを阻害するという働きがあります。

 

よって、糖は吸収されにくくなり血糖値上昇は抑制されるというメカニズムです。
当然、分解されない糖は吸収されることはなく便として排出されてしまいます。

 

白いんげんを上手に用いると血糖値の上昇を抑えられて糖尿病に対して非常に有効です。
並行して以下の基本を踏まえた上で利用するようにしましょう。

 

  • ストレスを溜めない
  • 飲酒の習慣を改善する
  • 運動の習慣を持つ
  • 味の濃いもの・あぶらっこいものを食べ過ぎない
  • 甘いものや炭水化物を摂りすぎない